春日神社の神祇

金曜日ブログ担当の塩田です。

本年度は、地元春日神社の3年に一度の神祇の当屋に当たりました。

例年のように笛で参加しました。

3年前は、神社総代ということで神祇に参加できず、6年振りの笛でした。

なんとか2週間あまりの練習の期間に思い出しながらの参加となりました。

今回は、孫の悠が花笠といって、太鼓に付いて神社まで歩くで参加しました。

平成18年に神祇保存会を立ち上げて、その年5月に神社が放火され焼失、

11月の総代会で神社も無いので祭りはしないと決まる。

しかしながら、総代会の助け無しで神祇を決行し、今日まで途絶える事無く

続けています。

私もなんとか笛の後継者を見つけなければ、これが太鼓と笛の楽譜です。

ただこれだけで継承します。