冬も裸足で過ごせる、県北の寒さを解消した暖かな家

《庄原市》

結婚後、奥様の実家の離れで生活してきたというM様。「築50年は経つ古い家で、寒さが悩みのタネでした」と夫妻。

2人の娘さんも自分の部屋が欲しい年頃になり、建て替えを考えるように。「地元の気候をよく知る工務店にお任せしたい」という思いが強くて、しおた工務店を訪ねたのが始まり。

雑誌「優しい木の住まい」や完成見学会を参考にイメージを固められた。

第一に希望されたのは、冬も夏も快適に過ごせる高気密・高断熱住宅であること。また、モデルハウスなどで見てとても気に入った杉の浮造りの無垢の床には大満足。

「想像以上に暖かく、冬も裸足で過ごせるほどです」と夫妻。奥様のご希望のアイランドキッチン、縁側風のウッドデッキ、ご主人の作業工房、本好きのお子様の造作本棚など、家族それぞれのお気に入りのコーナーが仕上がった。

敷地内にはご両親の母屋があり、普段から家族の行き来が多いM様邸。新居の完成後に3番目の娘さんが誕生し、明るく開放的なリビングには4世代の集う新しい拠点になりそうだ。