短い動線で暮らしやすく、住まいの機能性を追及した平屋

《安芸高田市》

アパートでの生活が長かったというM様。しおた工務店のモデルハウス「e-ne(いいね)」の2階を見学した際、「これぐらい小じんまりした家でいいんだけど・・・・・」と呟いたことが新築のきっかけになった。ちょうど分譲地「オレンジタウン」の完成が間近だった2月。区画内の角地にも空きがあり、資金面もクリア。「今から始めたら年内には入居できるよ」と塩田社長に背中を押され、本格的に計画がスタートした。
まず希望したのは、小さくて構わないので機能的な平屋であること。必要なものにすぐ手が届くような、住みやすさを重視した。また、手持ちの家具や家電が収まるように、随所に造作棚をリクエスト。床には「手入れはなるべく楽にしたい」との思いから、ワックスがけが不要なチークの突板のフローリング材を選んだ。
M様邸でもっとも印象的な、土間とリビングを仕切る格子戸は、工務店からの提案。町屋のような風情が漂う、贅沢な玄関周りに仕上がっている。「新築構想からわずか1年で、ここに住んでいるのが夢みたい。不安もあったけど決心して良かったです」と嬉しそうなM様。理想の間取り、暮らしやすさをかなえた新居で、新しい生活を満喫されている。