冬でも裸足でかけ回っています!

《三次市 N様》

町並みを生かし周囲に溶け込む外観に

母屋の隣の敷地に新築をしようかと迷って塩田工務店に相談したところ、「隣に立派な母屋もあり、大きな納屋もあるので解体して新築するのはもったいない。断熱と耐震リフォームで快適な住まいにしましょう!」と社長より勧められました。

田舎ではよくある母屋と隣接する納屋といえば、1階が農機具倉庫で2階が居室という構造。主に主人が学生時代に使用していました。

倉庫としての使用なのでもちろん断熱などは無く、冬はとても寒く本当にリフォームであたたかい空間になるのかなぁ??と不安でしたが、しっかりと断熱施工と構造部分の補強をしてもらい、長く安心して暮らせる住まいに生まれ変わりました。

周囲の町並みにも溶け込むように、隣接する入母屋和風建築の母屋と一体感ある外観に仕上がりました。

冬でも裸足でかけ回ってます。

母屋とは渡り廊下で繋がっているので、気軽に行き来が出来ます。母屋から断熱リフォームした我が家に来ると、「全然あたたかさが違う!!」と両親が驚くほどです!

断熱材もしっかり施工し、サッシを全て断熱性能の高い樹脂製サッシにました。冬のあたたかさはもちろん、県道に面した我が家では気になっていた車の騒音も、遮音性に優れたサッシのお陰で全く気にならなくなりました。

また、気密性も高いので、日頃の換気には注意していますが、これまで苦痛だった冬の結露も今ではほとんどありません。

エアコンをつけっぱなし状態にしていた時でも、思った以上に電気代もかからずに快適な日々を過ごせています。

何より、一番寒い冬の2月でも子どもたちは裸足のままで部屋の中をかけ回っています。

お気に入りは大工さんに作っていただいたオリジナルのカウンター家具。お絵かきや勉強机としてはもちろん、子どもたちの通園グッズを収納したり洋服をかけれるように一緒に考えました。

親の目の届くリビングに子どもたちのコーナーがあると安心ですし、散らかりがちなおもちゃも自分達で率先してお片づけできますね♪