耐震リフォームとは

屋根の重量・筋交いの位置・基礎の強度などをチェックする耐震診断士が耐震診断を行い、
家の耐震性と安全性を高めるリフォームを耐震リフォームと言います。
長年住まわれた家はどうしても老朽化し、耐震性能が十分でないことがあります。
そのような家の状態をチェックし、適切な対策を行うことで、愛着のある家を長持ちさせることができます。
昔ながらの家を知り尽くしたわたしたちが、ご家族が安心して長く暮らせる耐震リフォームをご提案します。
うちは大丈夫かなと思われたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

reform3

主な補強

基礎の補強:鉄筋コンクリート造の布基礎、独立基礎などに変更し補強する。
壁の補強:壁に筋交いを入れたり構造用合板を張って耐震性を高める。
柱・はりなどの補強:接合部分に金物を取り付けて、腐ったり白蟻被害を受けた柱は修理や交換を行う。
屋根の軽量化:屋根を軽い材料に替える。

まずは耐震調査から!

  • 地盤基礎
  • 壁の配置
  • 壁の割合
  • 建物の形
  • 筋かい
  • 老築度

しおた工務店ではこれらの項目に加えて、上部構造の耐震耐力に診断、各部の検討を行い、大地震動での倒壊の可能性についてを調査しています。
調査後の結果については、建築士がわかりやすくご説明させていたきます。

耐震ポイント

壁の補強
壁の強度が足りない場合は、既存の壁の補強を行います。
新たに筋交いを入れたり構造用合板による補強をします。

柱・梁などの補強
基礎と土台、柱と梁(はり)、柱と土台、筋交いと柱・土台などの接合部を金物で補強し、
地震の際に構造部材が外れて建物が崩れないようにします。

腐朽部位の取り換え
シロアリや腐朽菌で傷んだ土台や柱などの主要構造部材を取り換え、建物の強度を安定させます。

reform4

お客さまからいただいたコメント

・夜寝ていても安心です。
・目に見えない安心感があります。
・せっかくリフォームするなら地震に強い家にしたくて、耐震リフォームをしました。
・耐震改修の補助金や、減税を申請してお得に耐震改修できました!