光溢れるリビング階段。浮造りの床、漆喰の壁が醸し出す空間

《安芸高田市》

結婚が決まり家づくりを考え始めたS様。同町内の分譲地「オレンジタウン」を気に入られて新築計画の一歩を踏み出された。

希望されたのは杉の浮造りの床や漆喰壁、車2台駐車出来るガレージ、十分な収納スペース、ウッドデッキなど。これらの要素が盛り込まれた新居は見所が豊富。

中でも目を引くのが、LDKのほぼ中央に配置された回廊型のキッチン。キッチンからリビング、ダイニングへの導線がスムーズな上、朝食時などにも便利なL型のカウンター。

「訪問してくれた友人みんなに羨ましがられるポイントの一つです」と奥様。

また隣家に面していない静かな北側にプライベートを保てるようにリビングをレイアウト。ウッドデッキと繋がる景観の良いコーナーに仕上がっている。

奥様が計画の当初から希望されていたウォークインクローゼットは、1階と2階に十分な広さで設計。他にも物入れや造作棚など、使い勝手の良い工夫が一杯。

敷地の東側には家屋と色を揃えたガレージを併設。ガレージの中を通って脱衣室へ入れるため、雨の日の荷物の運び込みなどに便利。

また、時にはご主人の趣味のサーフボードのワックス掛けなど、趣味スペースとして活用している。

入居後の家全体の断熱性や自然素材の温かみに大変満足されているとのこと。結婚と共にスタートした新居での暮らしをお二人で大切に紡がれている。