築20年以上の県北の家をリフォーム ナチュラルで爽やかな住空間に

《安芸高田市》
せっかく買い取った中古住宅だから、もっと快適に過ごせるように――奥さまのそんな願いからスタートしたK様邸のリフォーム。工事を担当したのは、県北部で多くの家を手がける「しおた工務店」だ。工務店選びの決め手になったのは、奥さまの友人が同社で新築した家の完成見学会。技術やデザイン性の高さに納得し、ほとんどどおまかせのプランで工事が始まった。
リフォームのコンセプトにしたのは、「施主様のイメージに合う、ナチュラルで爽やかな家づくり」と塩田社長は話す。その言葉を象徴するのが、玄関ホールの先に広がるLDKだ。二間続きだった和室のひとつをダイニングと一体化させ、一部を増築した広い空間には、床に無垢のカバザクラを、壁に珪藻土を、天井に白くペイントした構造梁を用い、部屋全体を飽きのこないシンプルなテイストに仕上げている。また蓄熱式暖房機やキッチンの床暖房、デッドスペースを活用したリビング収納なども、全て工務店サイドからの提案。2階の間取りは変更せず、押入れをクローゼットに変えることで収納性を高めた、子ども部屋と主寝室に。また既設のベランダは、雨の日や花粉のシーズンでも洗濯物が干せる、便利なインナーバルコニーに一新している。
築年数を感じさせないほど、見事に生まれ変わったK様邸。リビングに注ぐ優しい光のように、家族の明るい毎日が刻まれ始めた。