ブログ


Blog

築50年の家 リノベーション現場レポート①

投稿日:
2021年3月26日
築50年の家リノベレポ

築50年の家 リノベーション現場

現場状況調査を行っております。

床の下。

外壁はモルタルがかなりさびていて、ラス網が朽ちています。

ほぼ、外れそうな状態・・・

屋根瓦も、葺き替えの時期を過ぎています。

外壁、屋根の改修が必要と判断します。

解体の準備に入ります。

解体前にお客様宅から大切な荷物をお預かりします。

家具を引っ越しして、いよいよ解体です。

解体が始まりました。

古い筋交いが現れました。

筋交いは、断面も小さいです。

また、劣化や欠損も見られます。

現場調査の際には発見できなかった浴室の土台の腐食。

解体が完了して

現場をみて、耐震・土台・柱の交換等、改修の方向性を決めていきます。

 

既設の筋交いが切られています。

 

柱も削られていました。

50年前の建物の現状でしょうか・・・。

 

耐震診断を行い、耐震の方向性を決めて行きます。