ブログ


Blog

古材再生

投稿日:
2021年3月10日
リフォーム

水曜日ブログ担当の塩田(緑)です。

長年保管したままになっていた、大きな虹梁を

この度やっと、プロの木こりさんに割いて頂きました。

建材として使いたいとずっと思っていたのですが、

大きすぎて運ぶのも大変で、製材所にも持って行けず

断られる事も有り、困っていました。

(機械にかけるとクギなど入っていた場合、刃が壊れる等)

お神酒でお清め。

いよいよ、大きなチェーンソーで。

真っ二つ。

この虹梁には、古い棟札が刺さっていました。

それによると、明治33年(1990年)121年前

のものだとわかります。

やっとまた、新しい役目を果たせる時が来ます。

イベント情報
薪ストーブのある平屋の家

ご予約枠残り僅かになりました!安芸高田市吉田町「薪ストーブのある平屋の家」お施主様のご厚意により2日間に限り、予約制にて完成見学会を開催させていただきます。